SPECIAL

食と暮らしを豊かにする特集記事はこちらです

✈︎WORLD FOOD PORT. スウェーデン発・今最も注目のレストン「Volt」

近年、北欧のレストランは世界中から注目されています。もちろん、デンマークの「NOMA」の影響も強いといえましょう。しかし、スウェーデンも負けてはいないのです!若いシェフたちが凌ぎを削って自分たちの魅力を発揮するべくレストランと向き合っているのです。そんなスウェーデンへ昨年末から、今年にかけて何回も足を運んでいる、永尾千栄さんからレポートが到着です!

スウェーデン レストランVolt

「世界で一番美しい水の都」とも言われるスウェーデン。スウェーデンに到着する飛行機の窓越しから、この言葉を改めて実感させられた。森林と数多くの湖が点在する美しい自然に囲まれた首都ストックホルムは、14の島から構成されるまさに水の都。ストックホルムの街中を歩いて感じる事は、人々がフレンドリーで自然を愛し、どこか素朴さが残る国だ。

近年、北欧料理が注目されている中、ここ数年でスウェーデンのレストランへの関心が高まってきている。 今回、私が訪れたのは2010年にレストラン業界で働いていた、4人(当初)のシェフが内装のデザインも手がけ、作り上げたレストラン「Volt」。

ストックホルムの高級ショッピングエリアに店を構えるVoltは、今年2015年のミシュランガイドにて、初の1つ星を獲得した。彼らの夢でもあったミシュランの星を獲得した事に、「驚きと嬉しさでいっぱい」と、今は、サービスをメインでこなす、Johanは話す。

Volt の料理は、地元のオーガニックやバイオダイナミック農法を用いた食材のみを使用したニューノルディックスタイル。

昔ながらの味を新しいテクニックで調理し提供する新しいコンビネーションだ。 食材には特にこだわりを持っていて、地元の食材で季節にあった最高の素材を使用し、いつも自分達が追求する食材のあり方をシェアできる生産者との提携をしている。

シェフやサービススタッフが入れ替わりサーブしにテーブルへやってきて、1品1品、料理の産地や食材について、細かく説明してくれるのも嬉しい。

ワインリストも豊富で、100種類以上ものオーガニックワインを提供する。 ワインに詳しくなくても、丁寧に説明してくれるので料理にあった好みのワインを選んでくれるだろう。

テーブルクロスを使用しないシンプルなテーブルセッティングに、黒を貴重としたインテリアだが、とても温かみを感じることのできる空間なのは、きっとスタッフの思いやりのあるサービスとキャンドルの温かさが、この言い表せない心地のよい空間を作っているのだと感じた。

メニューは、4コース(585クローナ)と6コース(735クローナ)メニューの2種類のみで、季節によって内容が変更される。

バターは毎日お店で手作りしているそうで、フワフワな食感とスッキリとした酸味がいくらでも食べてしまう。

向日葵の種をお米に見立ててリゾットと繊細に薄くスライスされたポテトチップスの食感が楽しい。更に上からトリュフを香り付けした乾燥の海藻をお好みで振りかける。

セレリアックとプリザーブドマッシュルーム。様々なマッシュルームの食感と香りをセレリアックと共に楽しめる。

※写真上:Erik Olsson

星付きのレストランにも関わらず、堅苦しさのない心地よい空間で、モダンな料理をリーズナブルな価格で食べられるVoltはとにかくお勧めです!

更新: 2015年5月27日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop