SPECIAL

食と暮らしを豊かにする特集記事はこちらです

料理家って日々何かを研究しています!さあ、研究を発表してもらいましょう!

第33回 三浦 朋子 さん
野菜がたっぷり、優しい味わいのルーマニア料理

「ルーマニアってどこにあるかわかりづらいですよね」とニコニコ笑顔の三浦朋子さん。現在月に1~2回のペースで開催している、料理教室は大人気。「今までで、すでに350人くらいの生徒さんに教えました。みなさん、はじめはルーマニア料理ってどんなお料理なのかしら?から始まって、野菜たっぷりヘルシーだということがわかると安心して通っていただけるんです」

|ルーマニアの料理は日本人に合う!|

カナダ、ニュージーランド、イギリスなど様々な国での生活経験がある三浦さん。しかし、旦那様の故郷ルーマニアに飛び込んだときは意外にも言葉の壁にぶつかったとのこと。「年配の方や共産圏の時代に学生だった世代の多くのルーマニア人は英語を話すことができません。そんな中、料理を通じてコミュニケーションを図れたということが、私的にはとてもラッキーでした。ルーマニア人の国民性はとっても素朴で、物を大切にしますし、手作りにこだわる性質。それも含め、ルーマニア人の食事は日本人の味覚にとっても合うなと感じたんです」
1年半のルーマニアの生活を経て、もともと日本が大好きだったという旦那様と帰国。心の中ではすでに、ルーマニア料理教室をしよう!との構想があったようです。「ルーマニアのお料理の特徴としては、ブルガリアが近いということも影響し、ヨーグルトなどの乳製品を豊富に使用します。そして、パプリカやセロリを使った優しい味のお料理が多いんです。特にパプリカはどこの家庭にも常備してありますね」

|今後はルーマニアワインの輸出入も|

2011年から料理教室を開始し、今では出張料理教室や様々なイベントにも呼ばれる三浦さん夫妻。いくつものご縁から、ルーマニアのワインを紹介するワイン会なども開催。するとこちらもすぐに満席になる好評ぶり。「ルーマニアにはおいしいワインがたくさんあるんです。小さいワイナリーだったりするので、なかなか日本には入りづらいものが多いのですが、ぜひ一度味わっていただきたいなと。ゆくゆくはワインの取り扱いができるようにしたいと思っています」ルーマニアと日本の架け橋となっている、三浦さんのパワーに魅了されました。

インゲタータ デ ヤウルト ク フルクテ(果実のヨーグルトアイス)

インゲタータ デ ヤウルト ク フルクテ

<材料>(材料 4〜6人分)
苺 1パック
砂糖 80〜90g
牛乳 10cc
ヨーグルト無糖タイプ 400g

<RECIPE>
①苺を適当な大きさに切り、牛乳を入れミキサーにかける。

②ミキサーから1を取り出し、よく水気を切ったヨーグルトと砂糖をダマにならないくらいまで、よく混ぜる。

③冷凍庫で3時間くらい冷やしたら、出来上がり。

<POINT>
ミントの葉を添えて、頂きます

|チョルバ デ ドブレジェイ Ciorba de Doblegei |(瓜のチョルバ)

<材料>
セロリ 1本
玉ねぎ 中1個
にんじん 1本
パプリカ 2個
ズッキーニ 1.5本
イタリアンパセリ 適量
ヨーグルト 100cc
卵 1個
鶏肉(胸肉) 250g
水 1.5L
油 少々
塩コショウ 少々
チキンブイヨン 2個
レモンジュース 10~15cc

<RECIPE>

①鶏肉250gをにんじんやセロリ(葉の部分)などと一緒にゆでる。

②玉ねぎを角切りにし、少量の油でいためる。

③玉ねぎがしんなりしてきたら、角切りにしたニンジン、セロリ、パプリカをいためる。

④すべての野菜がしんなりしてきたら、水1.5Lを投入(①で使った鶏肉をゆでる時に使った汁も使用)

⑤水が沸騰して、暫くたったらチキンブイヨンを入れる。 角切りしたズッキーニを鍋に投入。

⑥ズッキーニに火がとおり、味がなじんできたら、塩、胡椒を適量入れ、味を調える。

⑦ヨーグルト100cc 水気をよく切ったものと、溶き卵をまぜ、④のスープを少しヨーグルトに馴染ませてから、鍋に投入。

⑧最後にレモンジュースを投入、イタリアンパセリを散らして、火を止め暫く待つ。

⑨①で茹でた鶏肉を細かくチョップする。チョップした鶏肉をスープ皿に盛り、出来上がったスープをかけ、出来上がり。

<POINT>
チキンブイヨンは、「VEGETA」(ハーブ入り調味料)の代用で。

三浦 朋子

料理研究家 三浦 朋子

東京生まれ。
大学卒業後、自動車メーカー勤務を経てカナダへ留学。
カナダから帰国後、外資系企業秘書を経てニュージーランドへ。
ニュージーランドで出会ったルーマニア人と国際結婚。
その後、イギリスやルーマニアでの生活を経験し帰国。
現在は2児の母。
自宅で親子英語教室や夫婦でルーマニア料理教室を開催。
http://ameblo.jp/mama-kids-english-hoya/ (英会話教室)
http://romanian.exblog.jp/ (ルーマニア料理教室)

更新: 2015年3月25日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop