SPECIAL

食と暮らしを豊かにする特集記事はこちらです

この料理に感動した『こだわりの一皿』|松籠ランチ|浅草 茶寮一松|浅草

人気レストランの思いを「この一皿」の誕生秘話を通して発信します。弊社編集部員が足を運び、ファンになっているお店のみの掲載です。

銀座線田原町駅から徒歩3分の地に、風情あふれる伝統技法で建てられた日本家屋の浅草茶寮一松がある。
浅草に誕生して50余年。
歴史を紐とくと、岡山出身の初代(現女将の祖父)が料理人として成功すべく、大阪で和食の修業を始め、その後上京。浅草の地で大阪寿司や和食のお店「一松」を昭和27年に開業したのである。

時は戦後の復興でにぎわう時代、これからの景気回復に伴う外食需要を見込んだ初代は“ふぐ”に特化することを決意。
その象徴として、一松の「一」を“ふぐひれ”に模した形で表現し看板を掲げ、昭和34年、現在の地にふぐ料理と会席を提供する「茶寮一松」を誕生させた。
そして2代目(現在は大女将)は、日本において女性初のふぐ調理師免許取得という偉業を達成している人物となった。今では現役を退き、お店を見守っている。
現在「茶寮一松」を守っているのは3代目女将の山口清子さんと、浅野一弘料理長。

この度、FOOD PORT.がご紹介するのは、平日限定で人気を博している「松籠ランチ」(お造り付き3000円、シチュー付き3200円  *すべて税抜)である。
この「松籠ランチ」は、3代目の女将と料理長の想いがたくさん詰まった一籠なのだ。

「会席と聞くとなかなか気軽にはお食事ができない方がたくさんいらっしゃるように見受けられます。敷居が高 いと思われるのでしょう。そのため、『どうしたらもっと気軽に足を運んでいただけるのか』ということを試行錯誤してたどり着いたのが、籠の中で完結させる というスタイルだったのです。」

一皿ならぬ、一籠である。

ある春の日の御献立は、(季節によって内容が変わります)

一、 御造里
一、 温泉玉子 喰出汁
一、 帆立貝・竹の子 木の芽味噌和え
一、 春キャベツと新とり菜煮浸し 油揚げ
八幡平豚メンチ 湯葉フライ・トマト ソース・半月レモン
一、 カラス鰈酒粕漬け お多福豆・けしの実 大根ゆかり漬け
一、 豆乳豆腐桜葉巻き 菜の花真丈 花弁人参・美味あん
一、 白飯じゃこ 香の物・味噌汁

料理長が旬の恵みをふんだんに取り込み、籠の中を演出している。
カラス鰈酒粕漬けは、茶寮一松のオリジナル。
大吟醸の酒粕でつけているため、薫りも高くコクのある味わいで一度食べた方は、ファンになる方が多いとのこと。

「今では、ふらりとランチに足を運んでくださるご近所の方も増えました。さらには、スカイツリーができた影 響もあり、平日も浅草観光にいらっしゃる方も多くなったと実感しています。観光の方は時間があまりありません。それ故に、松籠ランチというスタイルが人気 なのかもしれません」

平日限定のスペシャルな一籠で季節を味わおう。

浅野 一弘さん

料理長  浅野 一弘さん

神奈川県出身
調理師専門学校を卒業後、調理の道へ。
様々な調理を経験しつつ、和食を極める。
料理歴30年。
現在、浅草茶寮一松の料理長となって8年目に入る。

浅草 茶寮一松アサクサ サリョウイチマツ

浅草 茶寮一松

住所:
東京都台東区雷門1-15-1
TEL:
03-3841-0333
URL:
www.ichimatsu.co.jp/

更新: 2013年4月10日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop