SPECIAL

食と暮らしを豊かにする特集記事はこちらです

編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|ローブリュー|表参道

骨董通りから少し入った私道の奥に佇む「LAUBURU(ローブリュー)」は2002年にオープンしたバスク料理が中心の骨太フレンチレストラン。
日本では馴染みが薄いバスク料理だが、フランスとスペインにまたがるバスク地方と言えば、知る人ぞ知るグルメの聖地。
オーナーシェフ・櫻井氏が腕を振るい、フランスで最も愛したバスク地方の伝統料理を提供してくれる。
ミシュランの星を獲得するほど美味しい豚肉料理に、今宵も舌鼓。

私道の奥に佇む店

ローブリューは分かりにくい場所にある。表参道駅から徒歩10分以上歩き、路地を曲がった私道の奥、グリーンで覆われたこの看板を目印に。

バスクの雰囲気満載の店内

メニューはバスクの豚料理が中心になっているため、豚足型のドアノブをはじめ、色々な場所に豚のオブジェが飾られている。店内に掲げられたバスクの国旗も印象的。

生マッシュルームのサラダ

シャキっとした歯ごたえの香り豊かなマッシュルームに、レモンと塩のさっぱりとしたドレッシングで味付け。前菜では人気の一皿。

カスレ

白インゲン豆と豚肉を、カスールという土鍋で煮込んだ南仏やバスク地方の名物料理。アツアツの土鍋にホクホクの豆、そして柔らかく煮込まれた豚肉の相性は抜群。

骨付きロースのグリエ

旨い。美味い。うまい。炭火で絶妙に焼き上げられた豚肉は、あたりまえの言葉で言えば柔らかくてジューシー。しかし、この豚に説明は不要。これぞミシュランの星、獲得の味。

ローブリューローブリュー

バスクフレンチ

ローブリュー

住所:
東京都港区南青山6-8-18
TEL:
03-3498-1314
URL:
www.lauburu.jp

更新: 2013年7月3日

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop