SPECIAL

食と暮らしを豊かにする特集記事はこちらです

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|81|広尾

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|81|広尾

    こちらは「牡蠣のチャウダー」。コース料理の一品目に出されており、冷えた体のお客様を温かいスープでおもてなししたい、といった気持ちが込められているとのこと。 チャウダーには牡蠣の身自体は一切入っておらず牡蠣でとったダシのみで、そこにスモークチップのヒッコリーを合わせています。ヒッコリーを使うことで、焚き火のような香りを出しているのだとか。

  • シェフの必需品|日本橋「鰻はし本」橋本正平~前編~

    シェフの必需品|日本橋「鰻はし本」橋本正平~前編~

    グルメシーンを牽引するシェフが、料理を作るうえで欠かせない食材や道具をご紹介するコーナー「シェフの必需品」。今回は、日本橋の老舗鰻屋「はし本」の4代目・橋本正平さんです。 創業時から受け継ぐ伝統に甘えることなく、日々、鰻の新しい可能性を導きだそうと邁進している橋本さん。鰻屋を継ぐまでの生い立ちから、絶滅の危機に瀕する鰻との向き合い方、今後の展望についてお伺いしました。

  • シェフの必需品|広尾「81」永島 健志~後編~

    シェフの必需品|広尾「81」永島 健志~後編~

    東京のグルメシーンを索引するシェフにとって、料理を作る上で欠かせない道具や食材を紹介する連載「シェフの必需品」。前編では広尾の「81」の永島健志シェフに、自分の店を持とうと思ったきっかけや、修業時代の経験などを伺いました。そして、後編では、永島シェフにとっての“必需品”について、早速ご紹介していきます。

  • |季節のおくりもの|green bean to bar CHOCOLATEの「チョコレートバー」

    |季節のおくりもの|green bean to bar CHOCOLATEの「チョコレートバー」

    1月も中旬になり、そろそろバレンタインの季節。日本では恋人にチョコレートをプレゼントする日だったはずのバレンタインデーは、今では友人や家族へ、そして自分へのご褒美に贅沢なチョコレートを購入することがすっかり定番となりました。そんな2月14日のバレンタインデー、今年はgreen bean to bar CHOCOLATEの「チョコレートバー」はいかがでしょうか。

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|GEM by moto|恵比寿

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|GEM by moto|恵比寿

    日本酒バーである「GEM by moto」は、料理に合わせて日本酒をペアリングしてくれるのも魅力的なポイントの一つ。今回は、お料理と一緒に楽しみたい日本酒も合わせてご紹介します。 まずは「ブルーチーズハムカツ」。厚切りのハムの中にブルーチーズを入れて揚げた一品です。アクセントとして少量は入っている黒にんにくの香ばしさもプラスして、クセになる味わいです。 こちらに合わせて飲みたい日本酒が「民宿とおの どぶろく・水もと仕込」。"水もと仕込"というのは、協会酵母や醸造用乳酸菌を添加せず、天然酵母や自然の乳酸菌を活かした仕込みのこと。また使用米の「遠野一号」も無農薬栽培なのだとか。ブルーチ

  • |季節のおくりもの|メゾンカイザーのフランス伝統菓子「ガレット デ ロア」

    |季節のおくりもの|メゾンカイザーのフランス伝統菓子「ガレット デ ロア」

    お正月も三が日が過ぎ、すでに2018年のお仕事が始まった方も多いのではないでしょうか。日本では1月7日に七草粥を食べますが、是非今年の1月6日は「ガレット デ ロア」で新年をお祝いするのがオススメ。 「ガレット デ ロア」とは1月6日の「Epiphany」(エピファニー/キリスト教の公現祭)の日をお祝いするフランス伝統菓子のこと。最近では日本でも浸透してきましたが、本場では多くのブーランジェリーやメゾンがオリジナルのガレットデロアを販売し、愉しむことができるのだとか。

  • 【番外編】シェフの必需品|恵比寿「GEM by moto」千葉麻里絵 ~後編~

    【番外編】シェフの必需品|恵比寿「GEM by moto」千葉麻里絵 ~後編~

    東京のグルメシーンを索引するシェフにとって、料理を作る上で欠かせない道具や食材をご紹介していただくコーナー「シェフの必需品」。前回は恵比寿の「GEM by moto」の千葉麻里絵さんが日本酒を好きになったきっかけやお店づくりで意識していることなどを伺いました。そして、今回お聞きしたのは千葉さんにとっての“必需品”について。早速ご紹介していきます。

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|山西亭|東新宿

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|山西亭|東新宿

    今回はランチの時間にお伺いし、8種類ほどある刀削麺のセットの中から「担々刀削麺」のランチセットを注文しました。ピリっと辛い濃厚スープを豊かなゴマの風味がクリーミーでマイルドに仕上げてくれます。もやし・チンゲン菜のシャキシャキの歯ごたえと肉みその旨みがマッチし、後を引くおいしさ!

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|Margotto e baciare|西麻布

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|Margotto e baciare|西麻布

    まずはMargottoのスペシャリテである「旨味と香り コンソメスープ」を一口。0.8番出汁を狙って"香り"にターゲットを置いて引いているため、味はさっぱり、香りは濃厚。羅臼昆布は、味の純度の濃い上の柔らかい部分約10cmの所のみを使用しているのだとか。提供される際には、65度のアツアツの状態。その後50度を切った、香りを心地よく感じるようになる温度のタイミングでトリュフを削りいれてくれます。 アツアツの状態のコンソメスープは、シンプルながらも昆布の出汁がしっかり。そしてトリュフをいれることで、ワイングラスを持った瞬間、トリュフの鼻にぬける良い香りと口の中に広がる香りが合わさり、私たちの

  • シェフの必需品|西麻布「Margotto e baciare」加山賢太 ~後編~

    シェフの必需品|西麻布「Margotto e baciare」加山賢太 ~後編~

    東京のグルメシーンを索引するシェフにとって、料理を作る上で欠かせない道具や食材をご紹介していただくコーナー「シェフの必需品」。前回は西麻布の「Margotto e baciare」の加山賢太シェフが料理に興味を持ったきっかけや、大事にしている師匠からの言葉などを伺いました。そして、今回お聞きしたのは加山シェフにとっての“必需品”について。早速ご紹介していきます。

pagetop