RESTAURANT

編集部のお気に入りのレストランをご紹介します

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|Margotto e baciare|西麻布

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|Margotto e baciare|西麻布

    まずはMargottoのスペシャリテである「旨味と香り コンソメスープ」を一口。0.8番出汁を狙って"香り"にターゲットを置いて引いているため、味はさっぱり、香りは濃厚。羅臼昆布は、味の純度の濃い上の柔らかい部分約10cmの所のみを使用しているのだとか。提供される際には、65度のアツアツの状態。その後50度を切った、香りを心地よく感じるようになる温度のタイミングでトリュフを削りいれてくれます。 アツアツの状態のコンソメスープは、シンプルながらも昆布の出汁がしっかり。そしてトリュフをいれることで、ワイングラスを持った瞬間、トリュフの鼻にぬける良い香りと口の中に広がる香りが合わさり、私たちの

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|ENGINE|神楽坂

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|ENGINE|神楽坂

    お昼前にお店に足を運び、前菜2種・黒酢の酢豚・メイン料理・デザートがセットになった「ランチコース」(1,800円)を注文しました。数分後、前菜がテーブルに運ばれてくる頃には、店内は満席状態。そして待ちに待った前菜は「ピータン湯葉、柿と赤くらげの胡麻和え」。 ピータン湯葉は、塩気のある濃厚な味わいの皮蛋と、ムース状になった湯葉のなめらかな舌触りと香りのマリアージュを楽しむことができます。柿と赤くらげの胡麻和えは、プリプリとした赤くらげや柿のシャリシャリとした異なる食感が楽しめる一品に仕上がっています。

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|京橋 もと|京橋

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|京橋 もと|京橋

    1日酢締めした鯵に、1時間半焼き旨みが凝縮された木の子。そこに梨を合わせて、醤油を少々。そしていくらが程よく全体をまとめてくれます。梨の甘味と柑橘の酸味が口の中に広がり、早くも一杯目の日本酒が飲みたくなります。 さてこちらのお料理に合わせるのは、「作 槐山一滴水(かいざんいってきすい)」。 兵庫県の愛山という希少な酒米を使った純米大吟醸酒です。フルーティーな香りと甘味、品の良い穏やかな酸が梨のニュアンスにピッタリ。なめらかな透明感が、優しく全体をまとめてくれます。

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|オクシモロン|二子玉川

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|オクシモロン|二子玉川

    開店時間にお店に訪れましたが、もうすでに約5組のお客さんが待っていました。ですが、お店で受付を行うと、メールで呼び出してくれる仕組みになっているので、列に並ぶことなく気楽に待つことができます。そして、順番が回ってきた喜びを噛み締めながら入店し、注文したのはオクシモロンの人気メニュー「エスニックそぼろカレー」。

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|Fukushima|都立大学

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|Fukushima|都立大学

    こちらは「30種の自然農法野菜」。色鮮やかな旬の野菜を30種類も使用しており、「コールラビ」や「コリンキー」、「ゴルゴ」など普段食べる機会の少ない野菜も入っています。自然農法で野菜を栽培している京都八幡市の上村農園から主に仕入れているのだそう。 また、調理法もそれぞれの野菜の性質にあった方法で提供をしているとのことで、炭火で焼いたもの、石焼にしたもの、バターソテーや浅漬けにしたものなどさまざま。 一口いただくと、野菜本来のうまみが香りからも味からも伝わってきます。繊細で上品な野菜は、目でも楽しむことができる絶品お野菜です。

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|山城屋庄蔵|渋谷

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|山城屋庄蔵|渋谷

    存在感のある看板に導かれてお店の階段を上がると、日本らしい気品のある入り口が出迎えてくれます。そして、店内に足を踏み入れると隅々まで洗練された空間が広がります。その空気には、姿勢を正してくれるような凛々しさがありました。 山城屋庄蔵のメニューは、コース料理のみ。今回は、夜のコースをリーズナブルに楽しめるランチ限定のショートコースを注文しました。

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|パーレンテッシ|池尻大橋

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|パーレンテッシ|池尻大橋

    パーレンテッシは、産地や栽培方法にまでこだわった食事が楽しめるのが特徴のイタリアンのお店。ランチでは、オーガニックデュラム小麦パスタ・パン・サラダのセットと、自然栽培小麦を使用したピッツァとサラダのセットがあります。 今回は、マルゲリータとビスマルクのハーフ&ハーフのピッツァのサラダセットを注文しました。

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|Matsushima|代々木上原

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|Matsushima|代々木上原

    1品目は「苗族伝統 鯰の酸湯魚 発酵トマトの土鍋煮込み」。中にはなまず、発酵白菜、発酵トマト、パクチーが入っています。ひとくちいただくと、なまずのくさみはまったくなく、身はふっくらとやわらかく、中までトマトの味わいがしみこんでいます。そしてパクチーと一緒にいただくと、また香りが異なり、エスニックテイストに。

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|ラトリエ モトゾー |池尻大橋

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|ラトリエ モトゾー |池尻大橋

    まずご紹介するのは、美しいグラデーションが見る人を魅了する「コッパ アッラ プルチャータ」。 てっぺんには見た目華やかなパイと、チョコレートでコーティングされたコンフレークがトッピングされています。その下には表面がカラメリゼされたクリームブリュレとフレッシュな苺、香り高いバニラアイス、甘酸っぱいフランボワーズジェラート、サクサク食感のカンノンチーノ風スイーツ、濃い味わいのベリーのジュレが重なっています。

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|Ardoak|代々木八幡

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|Ardoak|代々木八幡

    まずは『アホ・ブランコ』。ガスパチョと言えばトマト主体の赤いスープですが、こちらは白いガスパチョと呼ばれているアンダルシアの冷製スープ。基本は半乾きアーモンドとにんにく、水・ビネガー・オリーブオイル・塩とシンプルな味付けです。そしてそのスープにどんな食材を組み合わせるかでシェフの色を出す、というのがモダンスペイン流。一時期スペインにあるモダンレストランのシェフの間で流行していたそう。 今回の品はマンゴーと1日だけ塩漬けにしたフレッシュなアンチョビが入っています。シソ、ミント、黒オリーブの粉をトッピングして和のテイストによせたガスパチョは、口の中で様々な香りが重なっていきます。

pagetop