SPECIALイベントレポート|六本木|「満寿泉 & SAYS FARM × JG Tokyo」

左から)■セイズファーム 田向醸造長 ■満寿泉 枡田社長 ■セイズファーム 釣オーナー ■ジャン・ジョルジュ 東京 米澤シェフ ■ソムリエ兼酒匠 藤原龍

2017年10月17日(火)、六本木ヒルズにあるフレンチアジアン「Jean-Georges Tokyo(ジャンジョルジュ トウキョウ)」にて、『満寿泉&SAYS FARM×JG Tokyo』が開催され、編集部で豪華ペアリングディナーに参加してきました。その際のイベントレポートをご紹介していきます。

今回のイベントはさまざまな“人のつながり”によって豪華コラボレーションが実現しました。日本酒×ワイン×フレンチアジアンという、今までにない組み合わせは、コラボエーションをすることで色々な発想が生まれていくとのこと。

それでは早速、豪華ペアリングディナーで編集部が注目した、2品をご紹介いたします。

 

「フォアグラの鉄板焼き フィグジャム」

一つ目は「セイズファーム サンジョベーゼ×フォアグラの鉄板焼き フィグジャム」のペアリング。

まずお料理は、フォアグラを鉄板焼きにしたものと、カリフォルニア産の黒イチジクと赤ワイン、ポートワイン、スパイス数種類をジャム状になるまで一緒に煮詰め、ブレンダーでピューレにしたものを横に添えた一品が登場。フォアグラの上には小さく切ったクルトンとシムレットをのせ、フレッシュな状態の日本の黒イチジクをおくことで、バランスを調整しています。

「セイズファーム サンジョベーゼ」

料理に合わせるセイズファームのサンジョベーゼは、果実味がありながらもボリューム感としぶみがある赤ワインなので、フォアグラとの相性はぴったり。

日本は降水量が多いためイタリアのように味が凝縮してこず、サンジョベーゼの濃いワインのテイストを出すのが難しいそう。ですがそれでも良い果実味と、みずみずしい口当たりがあります。その秘訣はぶどう品種の割合にありました。今回のこちらのワインは、サンジョベーゼが50%、カベルネ・ソーヴィニヨン25%、メルロ25%になっています。2012年から挑戦をはじめて今年で5年目になる、ファーストヴィンテージのワインで、今後増やしていきたいなと思っている品種だそうです。

「黒毛和牛 雌牛のシアード ソイキャラメルとマッシュルーム」

二つ目は「満寿泉 アンリジロー樽熟成×黒毛和牛 雌牛のシアード ソイキャラメルとマッシュルーム」。

シアードとは、表面をしっかりと焼き上げたイメージのこと。醤油ベースのソースに、にんにくやエシャロットなどを煮詰めていき、その煮詰めたものにバターとライムジュースを合わせて濃い目のベースを作ります。そのベースを泡立てて、泡の部分のみをソースに使用しています。

黒毛和牛の下には「サルシフィ」という西洋ごぼうをピーラーで薄く切ってほんのり焦がしたものを敷き、マッシュルームソテーを添えれば完成。

黒毛和牛のお肉のうまみが口の中に広がるのはもちろん、泡のソースが主張しすぎない程度に味を引き立たせてくれ、絶品。サルシフィとマッシュルームも新たな食感をもたらしてくれるので、最後まで飽きることなくいただくことができます。

「満寿泉 アンリジロー樽熟成」

黒毛和牛と合わせるのは、アンリジローの樽で熟成した満寿泉。牛肉と合わせても負けないボリューム感が出ているお酒のため、強い味わいになっています。また、日本酒だけの味わいではなく、アンリジローの樽で熟成をすることで少し貴醸酒のようなテイストも加わっています。

普通の日本酒は20%が麹で80%は蒸米だそうですが、こちらのお酒は麹がなんと60%を占めているとのこと。そうすることでグルセリンが増え、複雑味が出ます。だからこそ厚みある、余韻もしっかりと楽しむことができる日本酒が造られるのです。

今回、お料理を作ってくださったのは、ジャンジョルジュ東京の米澤文雄シェフ。

2002年に単身でニューヨークに行き、人気日本食レストランで働いた後、ミシュラン三つ星を獲得した「ジャン・ジョルジュ」で3年間、アジア人初の副料理長として活躍されていました。ひとつひとつ食材をいかしながら丁寧に作られるお料理はどれも見た目・中身ともに美しいものばかり。

 

今後も月に一度コラボイベントを展開する予定とのことなので、要チェックです。また、これからいよいよクリスマスシーズンの到来。同店ではイルミネーションの名所、六本木けやき坂に位置し館内から美しい景観を見れることも愉しみのひとつ。

この冬きっと、創造的な新しい美食体験が待っているジャンジョルジュ東京へ、ぜひ訪れてみてください。

Jean-Georges Tokyoジャン・ジョルジュ東京

Jean-Georges Tokyo

住所:
東京都港区六本木6-12-4
TEL:
03-5412-7115
営業時間:
ランチ11:00~15:00(L.O 14:00)/ディナー17:00~24:00(L.O フード21:30)・テラス席11:00~22:00
URL:
http://www.jean-georges-tokyo.jp/

更新: 2017年11月3日

この記事が気に入ったら
「シェア」しよう

最後までお読みいただき、ありがとうございます

pagetop