RELEASE 注目の記事

  • NEW
    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|ルリイロ|池尻大橋

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|ルリイロ|池尻大橋

    まず最初にいただいたのが、「+ruli-ro (ルリイロ)」自慢の自家製シャルキュトリの盛り合わせ。この日のメンバーは男性のみだったのですが、思わず黄色い歓声があがり、写真をパシャパシャと撮ってしまうほどのビジュアル。パテカン、ハム、リエット、砂肝のコンフィ、ベーコン、豚タン、鴨のコンフィ、蝦夷鹿のハムという面々。どれもワインが進む力強いお味で、特に蝦夷鹿のハムの滋味深い味わいは忘れられない美味し

  • NEW
    #4|100年後まで残したい料理本 〔歌人〕 穂村弘さん

    #4|100年後まで残したい料理本 〔歌人〕 穂村弘さん

    様々な方に「100年後まで残したい料理本」をお聞きしてきました。そもそも「料理本」とは曖昧な言葉ですが、「料理が素敵に描かれている本であり、時代、個人の嗜好・ライフスタイルなどが『料理』を通じて伝わってきたり、『料理』の存在が作品の味付けになっている本のこと」。そんな風に言うことにしました。例えば“主婦のバイブル”と呼ばれたレシピ本、食通の作家による随筆もアリです。時代を切り取り、人生を写し出し、読み手の暮らしにヒントをもたらすことは、「料理本」ならではの可能性。人々の心に響く、価値ある「料理本」を広い価値観で集めてみれば、見えてくる何かがきっとある。そして、やがて「料理本大賞」みたいな評価軸が生まれるなど、1ジャンルとして「料理本」がさらに育っていったら面白いと思うのです。

  • #20|羊料理の魅力を味わえる店⑯|Lamb Hamburg Dining|「Le Bonze」

    #20|羊料理の魅力を味わえる店⑯|Lamb Hamburg Dining|「Le Bonze」

    ヨーロッパ、アジア、中東、アフリカ、アメリカ、そしてオーストラリアやニュージーランドまで、世界各地で愛されている羊肉。日本の羊肉料理と言えば、確かにジンギスカンくらいかもしれませんが、今、東京をめぐってみれば、これだけ素晴しい羊肉料理の数々に出合えます。

  • 4月1日開催、レスリー・キー×「XEX」のコンセプトブック完成パーティーに潜入しよう!

    4月1日開催、レスリー・キー×「XEX」のコンセプトブック完成パーティーに潜入しよう!

    国内外のスーパーモデルやアーティスト、セレブリティーのポートレートをはじめ、アート、ファッション、ドキュメンタリー、広告、CDジャケットの撮影、PV映像監督などを中心に東京、PARIS、NY、アジア各国で活動の写真家レスリー・キー。4月2日まで池袋・パルコミュージアムで写真展「モード・アンド・ミューズ(MODE / MUSE)」が開催中ですが、ファッションやカルチャーシーンで活躍する彼と&ldqu

  • #24|連日満席の賑々しい一軒家で本格ビストロノミーを[Les pif et dodine]大門

    #24|連日満席の賑々しい一軒家で本格ビストロノミーを[Les pif et dodine]大門

    もともとビストロをやりたくて、御茶ノ水の「ビストロ備前」で8年、イヴ・カンドボルド氏が手掛けるパリの超人気ビストロ「ル・コントワール」などで5年研鑽を積んだというビストロ一筋18年の亀山知彦シェフ。1号店のコンセプトである「ハイコスパ」と「豚肉料理」を踏襲しつつ、「培ってきた技術や経験を生かして、ここでしか味わえないオリジナルの料理を提供したい」と、日本の食材を使い、本場パリのビストロノミーを体現

  • #23|創造のためのキーワードは“江戸前鮨とは何ぞや?”【匠 村瀬】西麻布

    #23|創造のためのキーワードは“江戸前鮨とは何ぞや?”【匠 村瀬】西麻布

    修業を積んだのは巻頭でご紹介した四谷「すし匠」。そこで教わった中でも、店主・村瀬信行さんが最も大切にしているのは、味を受け継ぐだけでなく、研究を重ねて自分ならではの鮨を生み出さなくてはならない、という姿勢です。「そのために私は、江戸前鮨そのものを見つめ直すことにしました。様々な書物を読んで、試し続けることが独自性に繋がると考えたのです」。アオリイカは3日寝かせてから昆布で締める。サワラは藁でいぶし

  • RELEASE
  • RECOMMEND
  • RANKING
  • NEW
    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|ルリイロ|池尻大橋

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|ルリイロ|池尻大橋

    まず最初にいただいたのが、「+ruli-ro (ルリイロ)」自慢の自家製シャルキュトリの盛り合わせ。この日のメンバーは男性のみだったのですが、思わず黄色い歓声があがり、写真をパシャパシャと撮ってしまうほどのビジュアル。パテカン、ハム、リエット、砂肝のコンフィ、ベーコン、豚タン、鴨のコンフィ、蝦夷鹿のハムという面々。どれもワインが進む力強いお味で、特に蝦夷鹿のハムの滋味深い味わいは忘れられない美味し

  • NEW
    #4|100年後まで残したい料理本 〔歌人〕 穂村弘さん

    #4|100年後まで残したい料理本 〔歌人〕 穂村弘さん

    様々な方に「100年後まで残したい料理本」をお聞きしてきました。そもそも「料理本」とは曖昧な言葉ですが、「料理が素敵に描かれている本であり、時代、個人の嗜好・ライフスタイルなどが『料理』を通じて伝わってきたり、『料理』の存在が作品の味付けになっている本のこと」。そんな風に言うことにしました。例えば“主婦のバイブル”と呼ばれたレシピ本、食通の作家による随筆もアリです。時代を切り取り、人生を写し出し、読み手の暮らしにヒントをもたらすことは、「料理本」ならではの可能性。人々の心に響く、価値ある「料理本」を広い価値観で集めてみれば、見えてくる何かがきっとある。そして、やがて「料理本大賞」みたいな評価軸が生まれるなど、1ジャンルとして「料理本」がさらに育っていったら面白いと思うのです。

  • NEW
    #20|羊料理の魅力を味わえる店⑯|Lamb Hamburg Dining|「Le Bonze」

    #20|羊料理の魅力を味わえる店⑯|Lamb Hamburg Dining|「Le Bonze」

    ヨーロッパ、アジア、中東、アフリカ、アメリカ、そしてオーストラリアやニュージーランドまで、世界各地で愛されている羊肉。日本の羊肉料理と言えば、確かにジンギスカンくらいかもしれませんが、今、東京をめぐってみれば、これだけ素晴しい羊肉料理の数々に出合えます。

  • NEW
    4月1日開催、レスリー・キー×「XEX」のコンセプトブック完成パーティーに潜入しよう!

    4月1日開催、レスリー・キー×「XEX」のコンセプトブック完成パーティーに潜入しよう!

    国内外のスーパーモデルやアーティスト、セレブリティーのポートレートをはじめ、アート、ファッション、ドキュメンタリー、広告、CDジャケットの撮影、PV映像監督などを中心に東京、PARIS、NY、アジア各国で活動の写真家レスリー・キー。4月2日まで池袋・パルコミュージアムで写真展「モード・アンド・ミューズ(MODE / MUSE)」が開催中ですが、ファッションやカルチャーシーンで活躍する彼と&ldqu

  • NEW
    #24|連日満席の賑々しい一軒家で本格ビストロノミーを[Les pif et dodine]大門

    #24|連日満席の賑々しい一軒家で本格ビストロノミーを[Les pif et dodine]大門

    もともとビストロをやりたくて、御茶ノ水の「ビストロ備前」で8年、イヴ・カンドボルド氏が手掛けるパリの超人気ビストロ「ル・コントワール」などで5年研鑽を積んだというビストロ一筋18年の亀山知彦シェフ。1号店のコンセプトである「ハイコスパ」と「豚肉料理」を踏襲しつつ、「培ってきた技術や経験を生かして、ここでしか味わえないオリジナルの料理を提供したい」と、日本の食材を使い、本場パリのビストロノミーを体現

  • NEW
    #23|創造のためのキーワードは“江戸前鮨とは何ぞや?”【匠 村瀬】西麻布

    #23|創造のためのキーワードは“江戸前鮨とは何ぞや?”【匠 村瀬】西麻布

    修業を積んだのは巻頭でご紹介した四谷「すし匠」。そこで教わった中でも、店主・村瀬信行さんが最も大切にしているのは、味を受け継ぐだけでなく、研究を重ねて自分ならではの鮨を生み出さなくてはならない、という姿勢です。「そのために私は、江戸前鮨そのものを見つめ直すことにしました。様々な書物を読んで、試し続けることが独自性に繋がると考えたのです」。アオリイカは3日寝かせてから昆布で締める。サワラは藁でいぶし

SPECIAL

PICK UP

NEWS

MORE

  • 期間限定、六本木ヒルズ限定! 春らしい17のサンドウィッチが3月17日から続々登場!

    期間限定、六本木ヒルズ限定! 春らしい17のサンドウィッチが3月17日から続々登場!

  • 江戸時代に将軍が食べるサンドウィッチとは? 奇想天外なレシピ本「空想サンドウィッチュリー」発売中

    江戸時代に将軍が食べるサンドウィッチとは? 奇想天外なレシピ本「空想サンドウィッチュリー」発売中

RESTAURANT

MORE

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|蕎ノ字|人形町

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|蕎ノ字|人形町

  • 編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|池湖|渋谷

    編集部が訪れた美味しい名店『足跡レストラン』|池湖|渋谷

PEOPLE

MORE

  • 【血統の一皿】味坊鉄鍋荘 -湯島- 梁宝璋さん「故郷そのままの美味を真摯に提供」

    【血統の一皿】味坊鉄鍋荘 -湯島- 梁宝璋さん「故郷そのままの美味を真摯に提供」

  • 【料理家ラボ】村木 美沙さん ”食卓を一緒に囲む“おもてなし料理”

    【料理家ラボ】村木 美沙さん ”食卓を一緒に囲む“おもてなし料理”

GIFT

MORE

  • |季節のおくりもの|日本一小さな蒸溜所のはじまりのお酒 長濱蒸溜所の「ニューメイク」

    |季節のおくりもの|日本一小さな蒸溜所のはじまりのお酒 長濱蒸溜所の「ニューメイク」

  • |季節のおくりもの|カトラリーに馴染むお箸「STIIK」

    |季節のおくりもの|カトラリーに馴染むお箸「STIIK」

SNS

pagetop